プロポーズのそのあとに・・・

旅行先でのプロポーズに成功したら、次は結婚指輪選びです。

で、結婚指輪を選びに行く前に、まずは知っておかなくてはいけないのが、指輪の値段。

予想より安い分にはかまわないと思うのですが、
「さあ、指輪を見に行こう!」張り切ってショップに行ってから
「こんなに値段が高かったの!?」とショックを受けてしまうことがあるかもしれませんね。

今、結婚指輪は大体二人で20万円前後というのが普通のようです。

また、女性のリングの方がダイヤ等の宝石が入る分高額というのが一般的。

大体20万円ぐらいの予算を考えておけば良いということですね。

それでも、この金額はちょっと高い!!という人。

では、結婚指輪の値段の差はどういったところで出るのでしょう?
まず、海外の有名ブランドはデザイン料や輸入料がかかるのもあり価格が高いです。

国内ブランドでは価格の違いはやはり材質によって大きく変わってきます。

プラチナで幅や厚みがあるものはやはり1本10万円は超えるようです。

一般的な2.5~3ミリ幅のプラチナリングだと5~10万円。

ゴールドリングは3~5万円。

銀やチタンであると1~3万円です。

このように、指輪に使われる金属の質と量によって購入価格が変わってくるのです。

あとはフルオーダーであるか、セミオーダー、レディメードであるかによっても価格が違ってくるので、結婚相手と予算の相談をしてどういった結婚指輪が欲しいか考えてみると良いですね。